行ってきました!佐久島 

癒しとアートの島「佐久島」へいってきました

佐久島は、人口252人(65歳以上142人)の離島です。

面積は173ヘクタール(東京ディズニーランドの約3.5倍)で、海岸線の長さは11.6キロメートル。

島の80%以上が里山で、豊かな自然と昔ながらの懐かしい集落の風景が見られます

信号機もコンビニもなく、ゆったりとした時間が流れるこの島を楽しみたいと出かけました

 

愛知県西尾市の一色港から出発です。ここは、小さな港で、切符は自販機で購入(駐車場は無料)

前には、一色さかなひろばもあります。

 

天気もよく快適な20分の船旅です(片道830円)

この日は、祝日で混んでいるので、人数が集まったら、予定時間よりも早く出港しました

(混む日は、便数を臨機応変に増やすようです)

デッキでは、気持ちのいい風を感じられます

船内はこんな感じ↓

佐久島には、西港と東港があります

今回は、ランチを先に食べようと、店舗がありそうな東港へ行くことにしました

 

往復1660円です

レンタサイクルは数か所あります。島をめぐるには、その方が早いということで、久々に自転車で廻ります

でも、その前に腹ごしらえを(笑)

名物 大あさりフライ定食(1100円)と大あさり丼(750円)をいただきました

お店の前には、大あさりがたっぷりお待ちです。美味しくいただきました!

フライ美味しかった~

 

まずは、東端の筒島へ 坂も少しありますが、頑張って登り、時には自転車押しながら10分程

海の綺麗なこと

驚き。癒されます

 

この島

伝説の弁天様をまつる神聖な小島は、 竹林に覆われてちょっぴりミステリアス

幸せを呼ぶ「願い石」に願掛けしましたよ。。。

秘密基地 アポロ ちびっ子が喜んで登っています

 

次は、向かい側の大島へ

来た道を戻りながらグルッと対岸へまわります

 

気持ちのいい日差しと風を受けながら、大島桟橋を渡ります

大島桟橋途中のポケットパーク イーストパーク

大島へと続く桟橋の途中につくられたアート作品。対岸に見える黒いおひるねハウスと対照的な、真っ白な装いです。

 

 

自転車だと、東港から西港も20分かからないくらいですが、

山の中の道をのんびり抜けながら、西港を目指します

坂も急なところがありますので、降りたりしながら、海を眺めたり、アートをみたり

ただのんびりとサイクリングです

帰りは、自転車を西港の同じ店に返して、船のくるのを並んで待ちます

予定より今度は遅れて出港です

島滞在4時間程でしたが、十分楽しめました

船に乗って移動するだけで、近場ですが、旅行感あります

(アートで写真を撮ったりしたい方は、もう少し時間は必要です)

 

 

たまには、こんなのんびり旅もいいものです。。

LOVEあいちキャンペーンやあいち旅eマネーキャンペーンで、三河を訪れる方は

こんな旅もどうぞ

私たちは、この後、三河湾ヒルズホテルへ向かいました。(30分程)

そちらの記事かこちら↓

https://howinter.com/t-travel/20211105%ef%bc%bf01/

 

LOVEあいちキャンペーンの記事はこちら↓

https://howinter.com/t-travel/20211027%ef%bc%bf01/

 

 

旅行の手配、ご相談はお気軽に!

行ってきました!おススメの〇〇添乗報告でご紹介した旅行プランは、
自由にアレンジできます。
「ちょっとだけ変更したい」、「大幅に変更したい」でも、
どんなご要望もまずは、お気軽にご相談ください。

もちろんご相談は、無料です。

LINEでも、お問合せできます。
お電話でもお気軽にどうぞ!